ソルフェージュ

ソルフェージュ。


当教室では、3歳~6歳のお子様には絶対音感を身につけるためにも、ピアノレッスンに5分程度ソルフェージュを組みこんでいます。


(3-6歳クラスのリトミック・ソルフェージュでは体をつかって楽しくソルフェージュをしております)


ソルフェージュといえば昔からあるこのテキスト。


画像



私は子どもの頃、この薄いオレンジが肌色になり、最後はほぼ白色になるまで、学ぶ、というか練習させられていました。


実はだいっきらいでした。


ちょっと音程がはずれると、厳しく指摘されていた思い出があります。


指摘されればされる程、声がでなくなる…


だから嫌いでした。



でも、


この音楽性ゼロの、そして綺麗な絵もなければ、説明も一切なしの殺風景なトレーニング教本が、


(私が説明はしますが)


好きなお子様が結構いらっしゃいます。


画像



合格するとスマイルのシールをはってあげると、1ページ終わる頃にはスマイルいっぱいで温かみがでます。

思わずお子様もスマイル。


お母様より、「結構好きらしく、お家でも練習しています。」


というお声をいただきます。



最近はいろいろなソルフェージュテキストがあるので、他のテキストもつかっておりますが、


この本、無理なく確実に少しずつレベルがあがるので手元においています。


綺麗で可愛い絵があっても内容が薄い教本もあるので、見定めが重要ですね。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック